樹脂チューブで砂漠緑地化実証試験に成功、黄砂もなくなるか?

この技術が本格的に利用されるようになれば、将来黄砂はなくなるのではないか?毎年なんか知らないけど、砂が降ってくる季節がありますよねぇ~。なくなるかもしれませんよー!

樹脂チューブで砂漠を緑地に 東レが新技術 -asahi.com
 中国などで進む砂漠化を食い止めようと、東レが緑地化の技術を開発し、実証試験に成功した。チューブ状の樹脂で地面を押さえて砂の移動を防ぎ、草木のタネを根付かせる手法。手軽に取り組めるのがミソで、東レも事業化を検討し始めた。



 試験場所は中国の内モンゴル自治区の中南部。樹脂で作った直径約10センチのチューブを数メートル間隔で格子状に並べ、砂が風で動かないようにして植物 が自生しやすくする。07年春に2カ所、計2万平方メートルに置くと、半年後には設置面積の10%に若芽が。今は20%以上で生えている。

 この樹脂の素材は「ポリ乳酸」。トウモロコシなどの植物から出来ており、いずれは水や二酸化炭素に分解される。メンテナンスがいらず、回収する手間もかからない。砂漠の緑地化は植林が一般的だが、より安価で、作業時間も短くて済むという。

 もともとはチューブ製造の「ミツカワ」(福井県越前市)が鳥取大と研究を始め、そこに東レが「ポリ乳酸の性能を生かせる」と加わった。産業資材事業部の佐々木康次さん(46)は「自信はあったが、3年かかると思っていただけに半年で結果が出るとは驚いた」という。

 東レはチューブを、緑化材料として特許申請中だ。今後、どんな仕組みで展開すれば採算に合うかなど、事業化調査に入る。(田幸香純)


スポンサーサイト

テーマ : 環境問題
ジャンル : ニュース

Comment

Secre

注目!

ちょっとクリック

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

閲覧人数

FC2カウンター

カテゴリ

ランキング情報

クリックしてみて!

プロフィール

dellspell

Author:dellspell
info_dripへようこそ
情報をドリップするという意味で命名したサイト名です。見落としそうなニュースと少々のPC情報を織り交ぜお届けしたいと思います。
リンクは、フリーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いろいろなこと

TwitterCounter for @taketake0 twitter / taketake0