マラドーナを殺害しようとした男を逮捕

前にコロンビア代表のベセラという選手が射殺されたという事件や、もっと前にもやはりコロンビア代表エスコバルが銃殺されている。ほとんどが金絡みの動機だと思うが・・・。狙われるのが南米選手が目立っているようだが、ヨーロッパの選手とかはどうなんでしょうねぇ?

マラドーナを殺害しようとしたイギリス人男性、逮捕へ -sportsnavi
 ディエゴ・マラドーナといえば昔から「愛憎を呼び起こす人物」だが、19日に行われた親善試合のスコットランド対アルゼンチン戦の直前にグラスゴーのハムデンパークスタジアム入口で起こった事件は、過去に例を見ない激しいものだった。この日、43歳のイギリス人無職男性、イアン・ウェルワースは、マラドーナの首を切ろうと大型ナイフを持ってスタジアム入口付近をうろついていたところを捕らえられた。どうやら、マラドーナの“神の手”が容疑者を「破産」に導き、これが原因で「妻にも捨てられた」らしい。



 ウェルワースはマラドーナ殺害の動機をこう説明している。
「1986年ワールドカップ・メキシコ大会で、イングランドの優勝に500ポンド(現レートで約7万3000円)を賭けていた。イングランドが優勝してい たら5倍以上の金が戻ってくるはずだった。12万5000ポンド(現レートで約1800万円)の借金もあって、とうとう破産してしまった。妻に逃げられた のは言うまでもない」

 同氏はスコットランドから国外追放され、懲役5年程度の刑を宣告されると見られている。事件当日は、不安定な精神状態で武器を隠し持ち、ミドルスブラの 自宅を出て、「“アルゼンチン人の泥棒”の首を切り、全世界にあの“いまいましい頭”をさらすつもりだった」という。幸運にも、この“復讐(ふくしゅう) プラン”は実行には移されなかった。
[ スポーツナビ 2008年11月26日 11:51 ]
スポンサーサイト

テーマ : スポーツニュース
ジャンル : ニュース

Comment

Secre

注目!

ちょっとクリック

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

閲覧人数

FC2カウンター

カテゴリ

ランキング情報

クリックしてみて!

プロフィール

dellspell

Author:dellspell
info_dripへようこそ
情報をドリップするという意味で命名したサイト名です。見落としそうなニュースと少々のPC情報を織り交ぜお届けしたいと思います。
リンクは、フリーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いろいろなこと

TwitterCounter for @taketake0 twitter / taketake0