年末ボーナス商戦に向けて低価格PCは・・・

今年、この低価格ノートPC市場というものが出現したのだが、いよいよ年末ボーナス、そしてクリスマス商戦に突入しようとしている。そんな中、夏ぐらいから目につく100円PC。これって本当はいくらなんでしょう?きっと変な付録がついているんだろうと、いろいろ調べると、やはりプロバイダーとの契約があり「2年間で解約すると違約金が発生します」と言った内容のようである。
低価格ノートパソコン -笑むなAikoの「お玉杓子は飲み物です」

低価格PC、3万円台に突入 市場沸いても消耗戦 -asahi.com
2008年11月26日8時57分
 5万円パソコンならぬ、3万円パソコンに――。安さが売りの小型ノートパソコンで、さらに値下げ合戦が起きている。国内ノート型販売の4分の1を占めるまでに成長したが、メーカーにとっては薄利多売。消耗戦に突入しそうだ。



 日本ヒューレット・パッカードは25日、新モデル「HP Mini 1000」を12月上旬に発売すると発表した。画面サイズは10.2型だが、価格は 下位機種で4万9980円に抑えた。岡隆史副社長は「低価格ブームは一過性ではない。消費者の心を捕らえるには、5万円を切るのは大切」。6月発売の旧モ デルは、当初の6万円弱から4カ月で約25%値下げした。

 東京都内の家電量販店では、主力は5万円前後でも、旧モデルの値下がりが目立つ。ブームの口火を切った台湾アスースの「Eee PC 4G―X」 は、いまや2万9千円台。米デルも「Inspiron Mini9」(9月発売)を、ウェブ直販で1万5千円値下げし、下位機種は3万4980円だ。

 国内勢も追随を迫られる。東芝の「NB100」(10月下旬発売)も当初の7万5千円から5万9千円程度に。量販店の担当者は「値段が下がると一気に売れた」と話す。

 調査会社BCNによると、画面サイズ10.2型以下のノートパソコンの平均店頭価格は、1月の6万2千円が10月には4万8千円に。10月の国内 パソコン販売台数は前年同期比29.2%伸びたが、金額では横ばいだ。15型前後サイズも1年間で1万円の下落。田中繁広アナリストは「国内主力モデルも 低価格PCに切り崩されるだろう」と話す。(湯地正裕)

スポンサーサイト

テーマ : モバイルミニノートPC
ジャンル : コンピュータ

Comment

Secre

注目!

ちょっとクリック

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

閲覧人数

FC2カウンター

カテゴリ

ランキング情報

クリックしてみて!

プロフィール

dellspell

Author:dellspell
info_dripへようこそ
情報をドリップするという意味で命名したサイト名です。見落としそうなニュースと少々のPC情報を織り交ぜお届けしたいと思います。
リンクは、フリーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いろいろなこと

TwitterCounter for @taketake0 twitter / taketake0