30代で臭う!「加齢臭」とは違う男性特有の体臭とは

私は40代を終わろうとしているが、既に30代で体臭が出る傾向があったとは・・・。そう言えば、30代なのかはわからないが、若いときでも若干油クサイヤツが、いたような気がしますねぇ。

どころで、そもそもある年代が来たときの体臭とは、生物学的には、どういう意味があるのでしょう。加齢臭自体を調べても、成分の説明があっても、その存在意味はありません。人間の体臭を押さようなどと考えていない時代は・・・?。紀元前4000年ぐらいからお風呂はあったようですなぁ。

すると原始時代近くと考えた場合、多分人間は野生動物的に活動しているのではないか。どこかのTV番組で、「野生生物だったら人間の寿命は30年。ホネは30年以上使うようにプログラムされていない」とお話ししてた人がいた。また「30歳を過ぎると代謝が落ちるから食事に気をつけなければいけない」と栄養士の方に言われたことがある。

ということは、余計な人生を歩んでいるから、余計なものが体臭となって出ているのかぁ?偉くネガティブな結論になってしまいましたね。でも別なところで、「細胞からすると120年前後ではないかとする説もある」という話も見つけました。どちらにしろモテたければ、デオドラントに気を付けるしかありませんなぁ。今ひとつまとまりかたか・・・すいません。

ライオンが着目、「加齢臭」とは違う30代男性特有の体臭とは -DIAMOND online
2008年11月27日
 30代の男性には特有の臭いがあるらしい。ライオン株式会社・ビューティケア研究所の発表によると、男性も30代にもなれば「体臭が変化した」と感じ始めるとのこと。ちなみにこの臭いは加齢により発生するものの、いわゆる「加齢臭」(2000年に資生堂の研究所が発見・命名)とは異なる。



 同研究所はこの点に着目して研究を続けてきた結果、「30代男性特有の臭い」を特徴づける物質が「ペラルゴン酸」であることを解明した。ベラルゴン酸とは「使い古した食用油臭に似た独特のアブラっぽいニオイを発する」という。つまり30代男性は「アブラっぽい」臭いがするのだ。もちろん同研究所ではこの臭いが発生するメカニズムも研究し、抑制する成分の開発にも成功した。

 30代男性は皮脂分泌量のピークを迎えている。体幹部には皮脂腺が多く存在する。その皮脂が酸化し、一部がペラルゴン酸に変化して、独特の臭いを発するのだ。酸化抑制成分には現在でも化粧品などに使われている「メマツヨイグサ抽出液」が最も効果的らしい。この物質はポリフェノールを豊富に含み、抗酸化作用、抗炎症作用があるので、もちろん30代男性の臭いを抑える効果もあるのだ。

「“男の曲がり角”はニオイも曲がり角!攻める男のニオイケアに朗報」(ライオン株式会社のプレスリリースより)といったキャッチコピーで、「攻める男」向けのデオドラント商品が売り出される日も近いはずである。

 男性もデオドラントに気を遣うようになったといわれて久しい。さすがに40代、50代のいわゆる「オヤジ」はそんなことは気にしないという定説も、先述のようにほぼ21世紀の幕開けと同時に「加齢臭」という言葉が広がり、崩れ去ったようだ。

 他人の体臭とは一般に不快なものであるし、臭わないにこしたことはない。だが日本人の「不快な臭い」のハードルは上がり続けてどこまでいくのか。「加齢臭」という言葉の誕生は、中高年男性をデオドラント意識へと目覚めさせた。このたびの「30代特有の臭い」の発見が、ただでさえ清潔に敏感な30代男性をどこまでヒートアップさせるのかを見守りたい。

(工藤 渉)
スポンサーサイト

テーマ : 快適な生活のために
ジャンル : ライフ

Comment

Secre

注目!

ちょっとクリック

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

閲覧人数

FC2カウンター

カテゴリ

ランキング情報

クリックしてみて!

プロフィール

dellspell

Author:dellspell
info_dripへようこそ
情報をドリップするという意味で命名したサイト名です。見落としそうなニュースと少々のPC情報を織り交ぜお届けしたいと思います。
リンクは、フリーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いろいろなこと

TwitterCounter for @taketake0 twitter / taketake0