老舗旅館「長瀬旅館」250年余りの歴史を閉じる

こういった老舗旅館が消えるとは、非常にもったいない。牧水、白秋といった有名な文学者が泊まったという旅館。誰か購入を希望される方とかいらっしゃらなかったんでしょうかねぇ。あーっ、最後の方に連絡先などが書いてありましたので、興味がある方は購入できるチャンスがあるかもしれませんよ!

牧水・白秋…文人が愛した老舗旅館の灯消える 高山 -asahi.com
2008年11月30日18時7分
 岐阜県高山市にある創業250年余りの老舗(しにせ)旅館「長瀬旅館」が30日で幕を閉じる。大正から昭和にかけ、文人らに愛された。最近は日本の風情を味わえる宿として外国人観光客にも人気だった。しかし、老朽化で改修するにも後継者問題のめどが立たなかった。最後の夜となった29日、いつも通り客をもてなした。

 創業は江戸中期の1754年。木造2階建ての現在の建物は、明治半ばの大火後、移築された。客室は10室。部屋ごとに鑑賞できる和風庭園が自慢だった。



旅館

 放浪の歌人若山牧水は1921(大正10)年秋に2泊し、その時のことをエッセーにしている。長野県の白骨温泉から歩いて着いたらしく、とんでもない風体ながら、泊めてもらえたと愉快そうに書いてある。地元の詩人福田夕咲と再会できた喜びもつづっている。牧水が泊まった部屋は、当時のままの形で客室として利用されてきた。

 昭和初期には、北原白秋、野口雨情、徳富蘇峰、菊池寛らが泊まった記録がある。白川郷の合掌造りを世界に伝えたドイツの建築家ブルーノ・タウトやニュージーランド人の登山家ヒラリー卿の名も残る。ゆかりの書画100点余は、玄関から続く廊下などに展示されてきた。

 11代目当主の長瀬雅子さん(48)によると、無借金で経営も安定していた。しかし、3年前に80歳で亡くなった先代の父・桂一さんの頃から、老朽化で建て替えが課題になりつつあった。特に、客が湯をふんだんに使えるよう、水まわりの全面的改修が必要だった。家族経営にふさわしい後継者も見つからなかった。

 29日は特別なことはしなかった。「お客様を精いっぱいおもてなしすることが何より大事」と話していた先代の教えを思い起こしていた。
 夕方6時すぎ、群馬県の女性からファクスが届いた。20年以上の常連客だ。ねぎらいの言葉に続けて「(これまで)お守りになってきたものは消えることはないでしょう」と筆文字で書いてあった。

 長瀬さんは「常連客の中には『これからどこへ帰ればいいの』などと、涙ぐんでおっしゃって下さる方もいてさびしいのですが、区切りにします」と話した。今後は、旅館ではなく、建物や庭の風情を残して活用される道を望んでいる。問い合わせは同旅館(0577・32・0068)へ。(中沢一議)
スポンサーサイト

テーマ : 話題
ジャンル : ニュース

Comment

Secre

注目!

ちょっとクリック

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

閲覧人数

FC2カウンター

カテゴリ

ランキング情報

クリックしてみて!

プロフィール

dellspell

Author:dellspell
info_dripへようこそ
情報をドリップするという意味で命名したサイト名です。見落としそうなニュースと少々のPC情報を織り交ぜお届けしたいと思います。
リンクは、フリーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いろいろなこと

TwitterCounter for @taketake0 twitter / taketake0