北米ではWindows Vistaの25%が64ビット版・・・まあVistaだからねぇ

 64bitのOSは、早く普及して欲しい。この記事の25%という数字から一見普及がかなり伸びてるようにも見えるが、Vistaそのものの普及が今ひとつだと思うのだが。次の「Windows 7」でさらなる普及に期待したい。
 ところでこの記事で「Windows 7」が「2009年にリリース」と書かれているが、前にほかの記事では「2010年1月頃」といのもあるし、相変わらずいつになるかはっきりしない感じだ。とにかくVistの失敗を気にせずにさっさとリリースしてくれ!


北米ではWindows Vistaの25%が64ビット版、マイクロソフトが明かす -ITpro
2008/12/16
 「北米ではWindows Vistaの25%が64ビット版で稼働している。世界全体でも10%弱が64ビット版だ」----マイクロソフトディベロップメントのプログラムマネージャである陣内裕輔氏は2008年12月16日、「WinHEC 2008 Tokyo」の基調講演で、米マイクロソフトが「エラー報告機能」などのネットワークサービスで収集したクライアントOSの利用状況に関する統計を明らかにした。

 マイクロソフトは、Windowsの「エラー報告機能」や「Microsoft Update」などを利用するユーザーのOSのバージョンなどを集計している。陣内氏によると、2008年10月の時点での集計で、全世界の Windows Vistaユーザーの10%弱が64ビット版を使用していることが明らかになったという(写真1)。2008年1月における割合は3%弱であり、2008年に64ビット版が一気に普及したとした。

写真1
写真1




 マイクロソフトでは2009年にリリースするクライアントOS「Windows 7」や、サーバーOS「Windows Server 2008 R2」で64ビット化をさらに推進する計画で、特にWindows Server 2008 R2は64ビット版しかリリースしない。WinHEC 2008 Tokyoはハードウエア開発者向けの開発会議であるため、「64ビット版のデバイス・ドライバを開発して頂きたい」と陣内氏は強く訴えていた。

 基調講演では、Windows 7の新機能もいくつか紹介した。Windows 7ではスタートメニューから「デバイスとプリンター」を開くと、写真2のようにパソコンに接続されているキーボードやDVDドライブ、メモリー・カード・リーダー、プリンタといった各種周辺機器が、アイコン入りで表示される。プリンタ機能とスキャナ機能、コピー機能などを統合した「プリンタ複合機」も単一のアイコンで表示され、そのアイコンをクリックすると「デバイスステージ」(写真3)と呼ぶ周辺機器にカスタマイズされた画面が表示される。

 デバイスステージは、プリンタなどの周辺機器に関連するアプリケーションやマニュアル、説明ビデオなどへのリンクを集約した画面である。従来、 Windows Vistaでプリンタ複合機を利用する際には、それぞれの機能を利用するための専用アプリケーションを、スタートメニューから個別に起動する必要があった。「Windows 7では、周辺機器に関連する情報やアプリケーションが集約できるので、ユーザーの利便性が上がる」と陣内氏は主張した。

注意)引用なので写真がない場合があります。
スポンサーサイト

テーマ : ITニュース
ジャンル : ニュース

Comment

Secre

注目!

ちょっとクリック

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

閲覧人数

FC2カウンター

カテゴリ

ランキング情報

クリックしてみて!

プロフィール

dellspell

Author:dellspell
info_dripへようこそ
情報をドリップするという意味で命名したサイト名です。見落としそうなニュースと少々のPC情報を織り交ぜお届けしたいと思います。
リンクは、フリーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いろいろなこと

TwitterCounter for @taketake0 twitter / taketake0