細胞内部を3次元で画像化する新型X線顕微鏡 理化学研究所

 今までの細胞内部の観察方法は、随分と手先の器用さに頼った方法を使っていたのですねぇ。でもこれでだいぶ作業が楽になりますねぇ。この辺の分野は、やはり日本はすごいですねぇ。

細胞の内部まるごと立体的に観察 理研が新型X線顕微鏡 -asahi.com
2008年12月30日0時53分
 細胞の内部をまるごと、立体的に観察できるX線顕微鏡を、理化学研究所が開発した。新薬開発のカギとなる細胞内のたんぱく質の構造解析などに役立つと期待される。30日付の米物理学会誌フィジカル・レビュー・レターズ(電子版)に発表する。



 X線はCTスキャンのように体の内部を見るのに使われるほか、結晶中の原子の並び方やDNAの構造など、規則的な微細構造を調べるのにも威力を発揮する。しかし、細胞ぐらいの大きさだとX線が素通りするだけで、内部の観察にうまく使えなかった。

 理研は大型放射光施設スプリング8(兵庫県佐用町)でつくった、波の山と谷がきれいにそろったX線を利用。これを細胞などに当て、通り抜けてきたX線のわずかなゆがみを高精度に測定することで、内部の様子を3次元で画像化することに成功した。

 細胞の内部を見るにはこれまで、光るたんぱく質を入れて目印にしたり、電子顕微鏡で観察できるように薄く切ったりする必要があった。
 理研・放射光科学総合研究センターの西野吉則・専任研究員は「生きた状態に近い染色体も観察できるよう、装置を改良していきたい」と話す。(田中康晴)
スポンサーサイト

テーマ : 話題
ジャンル : ニュース

Comment

Secre

注目!

ちょっとクリック

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

閲覧人数

FC2カウンター

カテゴリ

ランキング情報

クリックしてみて!

プロフィール

dellspell

Author:dellspell
info_dripへようこそ
情報をドリップするという意味で命名したサイト名です。見落としそうなニュースと少々のPC情報を織り交ぜお届けしたいと思います。
リンクは、フリーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いろいろなこと

TwitterCounter for @taketake0 twitter / taketake0