青森で漏水事故、浄水場の配水能力追いつかず

 正月元旦に起きた青森での漏水事故、予定となっていた「三日午後八時の全面復旧」は、無くなった。全くしっかりやってもらいたいものですねぇ。これではここの人たちは、元旦からずっと落ち着かない状態だと思いますよ。早く全面復旧することを心から願うものであります。
早くやってあげてくださ~い!

浄水場の配水能力追いつかず -東奥日報
2009年1月3日(土)
 八戸圏域水道企業団(企業長・小林眞八戸市長)が想定していた「三日午後八時の全面復旧」は、あっけなく崩れた。給水が再開された地区の世帯で一斉に水を使用したことから、白山浄水場の配水能力が追いつかなかったためだ。見通しの甘さを露呈した形。小林企業長は会見で「水の使用量が一時増大することを予想し、給水再開地域の住民へ節水の協力を呼び掛けたが、結果として残念」と述べた。



 同企業団は仮設のバイパス管からの通水開始後、最大送水能力の毎時二千三百トンで白山浄水場に水を供給。一方、給水再開による需要増加を見越し、一般家 庭に水を供給する市内複数個所の配水池向けに、三日午前十時に毎時千五百トン、午後三時に同千七百トン、同四時半には同三千三百トンと順次、配水量を増や した。この状態で、白山浄水場の水位を維持しながら、各配水池で一般家庭に水を送る配水可能水量を確保する予定だった。

 ところが、白山浄水場から八戸市美保野、町畑地区、階上町などに給水する中継点となっている南高台配水池で計算が狂った。同配水池の配水可能水位は高さ 八十メートル。午後六時時点で七十六メートルの水位が、一部地域で給水が再開されると急激に低下。午後八時すぎには高さ一メートルまで減ってしまった。

 ほかにも四十五の配水池のうち、五戸町に中継するひばり野配水塔、南部町の中継点の八木田配水池など、主要な八配水池で水の供給不足となった。断水地域の給水再開が遅れるとともに、給水が再開された五戸町などの一部で再び、断水するなど混乱を広げた。

 同企業団の大久保勉副企業長は「水の使用が少なくなる夜半には各配水池へ十分な水量を確保できると思う」と述べたが、全面復旧には「四日の未明から早朝」と歯切れは悪かった。
スポンサーサイト

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

Comment

Secre

注目!

ちょっとクリック

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

閲覧人数

FC2カウンター

カテゴリ

ランキング情報

クリックしてみて!

プロフィール

dellspell

Author:dellspell
info_dripへようこそ
情報をドリップするという意味で命名したサイト名です。見落としそうなニュースと少々のPC情報を織り交ぜお届けしたいと思います。
リンクは、フリーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いろいろなこと

TwitterCounter for @taketake0 twitter / taketake0