札幌発真空管ラジオキットに注目

 中学生の頃、真空管ラジオキットを作りたかった。しかし当時で一万円以上もしたので諦めました。今は一万円を切るものもあるのですねぇ。
 サラリーマン時代、回路設計に多少なりとも携わっていた人間としては、キットではなく設計をやってみたいものですなぁ。死ぬまでにそんな暇があっても真空管はないかぁ。


札幌発真空管ラジオキットに注目 NPO製作 アキバでも販売 -北海道新聞
01/05 06:55
 札幌のNPO法人「ラジオ少年」(原恒夫会長)が製作し、注文販売している真空管ラジオの組み立てキットが、学校の教材として利用されたり、中高年のマニアが求めたりして、評判を集めている。昨年十二月からは東京・秋葉原で一般向けの店頭販売も始まった。国内では手に入りにくい製品で、同NPOは「多くの子供たちにものづくりの楽しさや感動を知ってほしい」と話している。

 真空管ラジオは、柔らかく温かみのある音が特徴。消費電力の少ないトランジスタの普及で姿を消した。
 同NPOは、小中学生に教材を提供し、ものを作る機会を増やしてもらおうと、海外で内蔵部品を調達するなどして一昨年三月に注文販売を始め、一年間で約千セットを販売した。

 今回、秋葉原に店舗を持つ測定器販売会社の東洋計測器が、真空管ラジオを通じてものづくりを復活させようという同NPOの考え方に賛同。昨年十二月半ばから販売を始め、売れ行きは好調という。

 原会長は「作り方によって完成度も変わる楽しさを覚え、電子工学にも興味を深めてもらえれば」と話している。商品は使われる真空管の本数によって六種類あり、税込みで五千五百円から二万二千八百円。問い合わせは同NPO(電)011・827・2801へ。
スポンサーサイト

テーマ : 話題
ジャンル : ニュース

Comment

Secre

注目!

ちょっとクリック

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

閲覧人数

FC2カウンター

カテゴリ

ランキング情報

クリックしてみて!

プロフィール

dellspell

Author:dellspell
info_dripへようこそ
情報をドリップするという意味で命名したサイト名です。見落としそうなニュースと少々のPC情報を織り交ぜお届けしたいと思います。
リンクは、フリーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いろいろなこと

TwitterCounter for @taketake0 twitter / taketake0