アナログ放送期間延長で、CATVは政府支援を受ける?

 CATVだけですよねぇ。それでCATV会社には設備への追加投資などの支援策を検討するわけですかぁ。もしかして安い価格でケーブルテレビに加入できるわけ?いいですねぇ、既に入っちまってるワシとしては、羨ましっす。
 そうだ、ケーブルTVの会社は増えないんですかぁ?北海道は独占状態だと思うんですけど。


Gigazine:地デジ普及の遅れを受けて、2011年7月24日以降もアナログ放送が受信可能に

地デジ移行後3~5年、CATVはアナログ放送受信可能に -読売新聞
2009年1月8日03時09分
 政府は、ケーブルテレビ(CATV)利用世帯を対象に、2011年7月の地上デジタル放送(地デジ)完全移行後も、アナログ放送を受信できるようにする措置を取る。
 景気悪化の影響で地デジ対応機器の普及が遅れているためで、移行後3~5年間の時限措置とする方針だ。

 CATV加入世帯は現在約2200万あり、加入可能世帯を合わせると約4000万世帯が対象となる。
 具体的には、地デジの電波をCATV会社でアナログ波に変換し、デジタルとアナログの両方の電波信号を家庭へ同時に送る。各世帯では、テレビが地デジに対応しているかどうかにかかわらず番組を見られる。



 政府は今年3月までに、CATV会社約330社が加盟する「日本ケーブルテレビ連盟」などに新対策の実施を要請し、夏までに詳細を詰める。CATV会社には設備への追加投資などで計30億円を超える負担が見込まれており、政府として支援策を検討する。

 政府は地デジ完全移行時までに、受信機器の普及台数を1億台に引き上げる目標を掲げている。しかし、北京五輪などで普及の加速を見込んでいた08年に期待ほど伸びず、同9月末時点の普及台数は4113万台、世帯普及率は約47%にとどまった。
スポンサーサイト

テーマ : 経済・社会
ジャンル : ニュース

Comment

Secre

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ピックアップニュース]地上デジタル支援策とは、NHK救済策なのか?

 昨年の12月8日、地上デジタル放送の施策で重要な新方針が、ひっそりとリリースされた。  この「受信機器購入等支援の実施方法に係る検討結果の中間報告」(情報通信審議会、情報通信政策部会、地上デジタル放送推進に関する検討委員会、第41回資料)は、過去5年間の活動

注目!

ちょっとクリック

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

閲覧人数

FC2カウンター

カテゴリ

ランキング情報

クリックしてみて!

プロフィール

dellspell

Author:dellspell
info_dripへようこそ
情報をドリップするという意味で命名したサイト名です。見落としそうなニュースと少々のPC情報を織り交ぜお届けしたいと思います。
リンクは、フリーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いろいろなこと

TwitterCounter for @taketake0 twitter / taketake0