放射性廃棄物用のドラム缶、新潟の産廃施設で発見

どこから流出したのかわからないドラム缶ですかぁ。ものがものだけに不気味ですなぁ。もしかしたら、かなり過去に遡らないといけないのかもしれませんね。

放射性廃棄物用のドラム缶、新潟の産廃施設で発見 原電 -asahi.com
2009年1月10日20時39分
 日本原子力発電は10日、新潟市内の産業廃棄物処理施設で同社東海発電所(茨城県東海村)の名前が入り、「放射性廃棄物」と書かれたドラム缶(200リットル)1個が見つかったと発表した。この発電所で使われていた放射性廃棄物用のもので、原電の調べでは、缶表面と内部の液体の放射線量は外部と同程度で、人体や環境への影響はないという。

 発電所の外でドラム缶が見つかったのは初めて。原電は「どこから流出したのかわからない」とし、発電所や缶のメーカーなどからの可能性も含め、流出経路を調べている。



 原電によると、見つかったのは新潟市西蒲区下木島の産廃処理施設。缶はうすい黄緑色で、真ん中に放射能や放射線に注意喚起するマークが入っている。中には赤色の液体が入っており、同社が分析している。

 原電はこの缶を少なくとも約20年前から使っておらず、放射性廃棄物を入れれば管理番号が記入されることになっていたが、番号はなかった。缶は通常、中身によって県外の再処理施設で処分されたり、発電所内で保管されたりするという。

 産廃処理施設は02年に所有会社が倒産したあと放置され、同市などが行政代執行で撤去作業をしていた昨年12月19日に缶が発見された。同発電所には1月9日夜、経済産業省原子力安全・保安院から連絡があったという。
スポンサーサイト

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

Comment

Secre

注目!

ちょっとクリック

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

閲覧人数

FC2カウンター

カテゴリ

ランキング情報

クリックしてみて!

プロフィール

dellspell

Author:dellspell
info_dripへようこそ
情報をドリップするという意味で命名したサイト名です。見落としそうなニュースと少々のPC情報を織り交ぜお届けしたいと思います。
リンクは、フリーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いろいろなこと

TwitterCounter for @taketake0 twitter / taketake0