パーキンソン病の解明が近い?

この病気の名前を聞いたのは、高校の時か。やめていった日本史の先生がこの病気だと、同級生から聞いた記憶がある。それから約30年ぐらいですか。私が生きている間に、いったい幾つの不治の病が治せることとなるのでしょう。考えてみればスゴイ時代にいるのかもしれませんねぇ。

パーキンソン病解明に期待
夕刊フジBLOG
 手足の震えや動作が緩慢になるなどの症状が出るパーキンソン病の一種で、遺伝性の「ペリー症候群」の患者に共通する遺伝子変異を、坪井義夫・福岡大准教授(神経内科)と米国の医療機関などのグループが突き止め、米科学誌ネイチャージェネティクスに発表した。

 パーキンソン病は遺伝によらない「孤発性」が約9割を占めるとされるが、坪井准教授は「症状の進行が早いペリー症候群の遺伝子の特定は、孤発性パーキンソン病の発症メカニズムの解明にも役立つ」と話している。

 ペリー症候群は1975年にカナダで確認されて以来、日本を含む世界の8家系でしか見つかっていない極めてまれな疾患。40歳代前半での若年発症が多いのが特徴。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・健康
ジャンル : ニュース

Comment

Secre

注目!

ちょっとクリック

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

閲覧人数

FC2カウンター

カテゴリ

ランキング情報

クリックしてみて!

プロフィール

dellspell

Author:dellspell
info_dripへようこそ
情報をドリップするという意味で命名したサイト名です。見落としそうなニュースと少々のPC情報を織り交ぜお届けしたいと思います。
リンクは、フリーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いろいろなこと

TwitterCounter for @taketake0 twitter / taketake0