遺伝子1個でiPS細胞 ドイツ

iPS細胞というのは、理想的には遺伝子を使わないのが良いのですか?ちょっとこの辺はわかりませんが、おかしな企業に特許を独占されないように、再生医療に向けてガンバッテいただきたいです。

遺伝子1個でiPS細胞 独チーム、マウスで作製
2009年2月6日22時38分 asahi.com
 複数の遺伝子を体細胞に導入して作る人工多能性幹細胞(iPS細胞)を、1個の遺伝子だけで作製することに、独マックスプランク分子医薬研究所などのグループがマウスで成功した。京都大の山中伸弥教授らが06年に4遺伝子での作製を報告後、米チームが2個まで減らし、遺伝子を使わない安全性の高いiPS細胞作りの競争が加速している。6日付の米科学誌セルに掲載された。



 グループは、山中教授らの4個の遺伝子のうち、様々な細胞になる多能性の維持にかかわる遺伝子「Oct4」に注目。マウスから神経の元になる幹細胞を取り出し、この遺伝子を導入すると、3株のiPS細胞ができた。

 できた細胞を調べると、受精卵から作る胚(はい)性幹細胞(ES細胞)と、性質や様々な細胞に成長する能力などが同等だった。ただ、今回使った神経幹細胞は、ES細胞に特徴的な酵素などがもともとよく働いており、山中教授らが使っている皮膚の細胞よりiPS細胞ができやすいと考えられている。
(佐藤久恵)
スポンサーサイト

テーマ : 医療・健康
ジャンル : ニュース

Comment

Secre

注目!

ちょっとクリック

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

閲覧人数

FC2カウンター

カテゴリ

ランキング情報

クリックしてみて!

プロフィール

dellspell

Author:dellspell
info_dripへようこそ
情報をドリップするという意味で命名したサイト名です。見落としそうなニュースと少々のPC情報を織り交ぜお届けしたいと思います。
リンクは、フリーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いろいろなこと

TwitterCounter for @taketake0 twitter / taketake0