がん治療薬、たんぱく質抗体を細胞内部へ 世界初

たんぱく質:ナノレベル粒子で包んで細胞内へ 東大が世界初、がん治療薬開発に 毎日jp
 直径約100ナノメートル(1万分の1ミリ)の微小な粒子で包んだたんぱく質を、細胞内部に入れ細胞全体に行き渡らせることに、東京大が世界で初めて成功した。ドイツの化学誌電子版に掲載された。この技術を使えば、病原体から体を守る働きをするたんぱく質の「抗体」を細胞内部に入れて働かせることができ、従来よりも効果の高いがん治療薬の開発につながる可能性があるという。>>続きを読む

 抗体を細胞内部に入れてしまうと、かなり効果があるのですかねぇ。iPS細胞といい、最近の医療分野の研究はめざましいものがありますね。
 研究レベルでは明るい医療に見えますが、制度という点でも未来を明るくして欲しいなぁ~
スポンサーサイト

テーマ : 医療ニュース
ジャンル : ニュース

Comment

Secre

注目!

ちょっとクリック

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

閲覧人数

FC2カウンター

カテゴリ

ランキング情報

クリックしてみて!

プロフィール

dellspell

Author:dellspell
info_dripへようこそ
情報をドリップするという意味で命名したサイト名です。見落としそうなニュースと少々のPC情報を織り交ぜお届けしたいと思います。
リンクは、フリーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いろいろなこと

TwitterCounter for @taketake0 twitter / taketake0