OpenCLの正体と可能性は??

これで分かるOpenCL。NVIDIAのOpenCLセミナーから,OpenCLの正体と可能性を再確認する 4Gamer
 速報記事でお伝えしているとおり,2009年10月29日,NVIDIAは東京・秋葉原で開発者向けのイベント「OpenCL seminar~GPUコンピューティングがもたらすもの~」を開催した。
 OpenCLは,NVIDIAの「CUDA」(Compute Unified Device Architecture)や,DirectX 11の「DirectCompute」などと同じく,GPUコンピューティングを実現する仕組みの一つである。>>続きを読む

 GPUコンピューティングが、OpenCL規格で定義されるOpenCL C言語の仕様を必ずサポートすることが求められているため,最終的にどんな演算デバイスを使うにしても,同じソースコードを利用できるということらしい。そうなるともしかしたら、PythonやPerlなど、スクリプト言語でのGPUコンピューティングが可能となるモジュールを、無償提供してくれるところが現れることを期待しちゃうなぁ~。
スポンサーサイト

テーマ : ITニュース
ジャンル : ニュース

Comment

Secre

注目!

ちょっとクリック

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

閲覧人数

FC2カウンター

カテゴリ

ランキング情報

クリックしてみて!

プロフィール

dellspell

Author:dellspell
info_dripへようこそ
情報をドリップするという意味で命名したサイト名です。見落としそうなニュースと少々のPC情報を織り交ぜお届けしたいと思います。
リンクは、フリーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いろいろなこと

TwitterCounter for @taketake0 twitter / taketake0